毎月の支払額と収入

マイカーローンを組む時には、収入と支払額のバランスも考慮しましょう。収入に見合わないローンを組んでしまうと、支払いの負担が大きく、家計を圧迫してしまいます。また、マイカーローンにも審査はあります。収入に対して支払額が大きすぎる場合、そもそも審査時点で断られてしまう可能性もあります。

 

年収に対するマイカーローンの支払額には一応目安があります。年収400万円未満の場合には、年間の返済額が年収の25%程度まで、年収400万円以上の場合には、年間の返済額が年収の40%程度までというのが、目安となります。これを超えての返済が必要なローンの場合、審査時点で落とされてしまう可能性があります。

 

例えば年収300万円の人がマイカーローンを組む場合、年間の返済額は25%の75万円に収まるようにローンを組んだ方がよいというわけです。もしもローンの支払額が年収に対して大きい場合には、支払期間を長めに取るなどの工夫が必要となります。

 

ただし、例えば年収300万円の場合に、マイカーローンの支払額が年間75万円に収まればいいとも限りません。車の維持費はローンだけでなく、ガソリン代やメンテ費用、駐車場の費用などもかかってきます。

 

また、クレジットカードやカードローンなど、他の債務を抱えている場合には、毎月の支払いがさらに増える点まで考えましょう。

 

収入が低い場合や審査に引っかかってしまう方の場合には、契約を行う際にマイカーローンの保証人を必要とする場合があります。保証人が用意できればローンの利用も可能となる場合があるため、審査の結果はしっかりと確認をしてください。