支払期間には気をつける

マイカーローンを組む時には、支払期間が色々な所に影響を与えます。毎月いくらで乗り換えられるなどのセールストークだけでなく、支払期間とマイカーローンに与える影響については、最低限の知識を覚えておきましょう。

 

3年より5年、5年より7年と、マイカーローンの支払期間が長くなるほど、毎月の支払額は少なくなります。そして、毎月の支払額は、マイカーローンの審査に大きく影響します。毎月の支払額を抑えられれば、無理のない返済額とみなされて審査に通る可能性も高くなります。返済期間が長ければ、毎月の負担も減って、審査も通りやすくなります。

 

ただし、返済期間が長ければ、支払総額は大きくなってしまいます。返済期間を長くとると、毎月の支払額は抑えられます。しかしそれは、借入額の元金が中々減らないというデメリットにもなります。返済額が少なければ、元金の減りが遅い分、余計に利息がかかります。結果として支払総額の面では損をしてしまいます。

 

また、支払期間が長ければ、当然ローンの完済には時間がかかります。ローンの支払いさえ終われば、そのまま乗り続けるのも新しい車に乗り換えるのも自由になります。しかし、長期間のマイカーローンを組んでしまうと、中々次の車に乗り換えができなくなってしまう点も、考慮すべきです。

 

返済期間に注意して低負担で借りるなら、金利面で優れている地方銀行マイカーローンの利用を考えてみると良いでしょう。