マイカーローンの支払い

マイカーローンならまとまった現金を用意しなくても車の購入が可能です。しかし、当然ながら毎月のローンの支払いが発生します。マイカーローンを組む時には、毎月の支払額に注意が必要です。

 

何故なら、車を購入した後に発生するのはマイカーローンの支払いだけではないからです。車にかかってくる税金やガソリン代、車検や点検などのメンテナンス費用など、何かとお金がかかってきます。

 

しかし、ローンを組むのであればローンの支払いも避けられるものではありません。ただし、ローンの毎月の支払額を減らすのは、工夫次第で可能です。

 

 

マイカーローンの金利を下げる

マイカーローンを組まずに現金一括で購入する人もいます。ローン自体に嫌悪感を抱いている人もいますが、現金で購入する費用として利息の支払いが嫌だからという人も多いです。ローンの金利が下がればかかる利息が少なくなるので、毎月の支払額を減らせます。

 

銀行のマイカーローンなども含めて低金利な所を探すだけでも、返済の負担が減らせる可能性があります。多くのマイカーローンがある中で金利が低いところを効率的に探したい場合には、ネット上でのマイカーローンのランキングサイトを見ておくと手間をかけずに低金利のマイカーローンが探せます。

 

支払期間を長めにとる

マイカーローンの毎月の支払額は、支払期間が長い程少なくて済みます。支払額の負担が収入に対して大きいと感じるのであれば、ローンの支払期間を長めにするのも有効な手段です。

 

ただし、支払期間が長い場合、毎月の支払額は減りますが、支払総額は高くついてしまいます。また、事故や故障で車の乗り換えをするのを考えると、長すぎる支払期間はリスクも高くなります。支払期間の変更についてはメリットもデメリットもあるので注意しましょう。

 

車種やグレードを下げる

単純に車の購入価格が下がれば、毎月の支払額も減ります。車も便利そうなオプションを全てつけていくと、当初の予定より予算がかかってしまいます。支払額を抑えるために、車種やグレードを下げるのも、オプションを外すのも、毎月の支払額を抑えるという面では有効な手段です。

 

頭金を増やす

最近は車の購入時に頭金を入れないという人も増えています。しかし、頭金を入れればそれだけローンを組む金額も下がります。当然頭金が多い程、ローンの金額は下がっていきます。最初に入れる頭金を増やせば、毎月の支払額も抑えられます。

 

値下げの交渉をする

車の購入価格を下げる方法は、グレードや車種を変更するだけではありません。毎月の支払額がネックであるならば、正直に話して値下げの交渉をするという手段もあります。

 

もちろん値下げに応じてもらえるかどうかはやってみなければわかりません。しかし、販売店側としても、それで車を購入してもらえないとなっては何の得にもなりません。特に決算前や閑散期など、販売に特に力を入れている時期であれば、値下げにも応じてくれる可能性が高くなります。

 

車のグレードなどはそのままに支払額を抑えられるので、成功すればデメリットの少ない方法です。

 

残価設定型マイカーローンを利用する

最近は残価設定型マイカーローンで車を購入する人が増えています。これは、毎月の支払額を抑えて新車に乗れる方法として注目されています。

 

残価設定型マイカーローンでは、ローン支払後の車の買取価格を最初から差し引いてローンを組みます。例えば160万円の新車の3年後の買取価格を50%で設定しているとします。この場合、3年後の残価分の80万円を差し引いた、80万円を分割で支払います。この場合、同じ3年間でも、通常のマイカーローンの半額程度の支払額で車が購入できます。

 

ローン支払後は車を買取に出してもいいですし、乗り続けたいのであれば残価分を支払って乗り続けるのも可能です。その際には一括で残価を支払うケースもありますが、再度ローンを組んで支払うという選択肢も取れます。

 

ただし残価設定型ローンには気をつけなければならない点もあります。通常のローンと比べて負担が大きくなることもないわけではないので、利用をする際にはマイカーローンの比較をしっかりと行うようにしましょう。